忍者ブログ
脱オタに失敗した社畜のブログ。
[15]  [14]  [11]  [12]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [1]  [4


ブログを作って気づけば10か月経過していて,それなのに全く書いていないことに気付いたので。
(下書き書いては消しを繰り返しているので記事番号がぐっちゃぐちゃなのは仕様)


今回はネオロマンスを休養することにした話をば。
休養といっても公式から距離を置いて自分のペースで好きなように推しを愛でることにした,という話です。

 
注意事項としては
・ネオロマンス作品をすべてやっているわけではないこと
・ネオロマンスキャラが「全て」好きなわけではないこと
の2点です。

休養するにあたっての理由は色々あったんですが,一介のほぼ遙かしかやってない20過ぎの女オタクの戯言とでも思って「ネオロマンス辞めるなんて!」っていう気持ちは抑えてください。




まず。
決め手となったのは
「遙か3フルボイス」
です。

遙か3は私も好きですし,人気もあるのもわかります。
そもそもこの決断に至ったのには経緯があるので,まずはそれから。

この遙か3のフルボイスの情報がそれとなく出されたのは,
遙か2の派生ユニット「うしろ向きじれっ隊」のライブイベントです。
その中で,新情報として
「遙か1~4のキャストさんで,5,6のキャストさんはノータッチ」
「一部録っている」
というものが出されます。

この時点で,1~4のうちのどれかで,かつアフレコ等で集まる可能性の非常に高いアニメ以外のものという予想ができます。

私は遙か2クラスタですが,それを聞いた瞬間に「3だな」と思いました。
1は今(8月20日時点)100万人~があるし,4は数年前から音沙汰なし。
2は展開があるならこのイベントで言うはず,と。

そして何より,3は最近ドラマCDが出てようがなんであろうが売れるのです。
一番のヒット作です。
売れることを考えるとここのフルボイス化の可能性が非常に高いというのは容易に予想がつきます。


かくして予想は的中するのですがこれで「ああ,もうしばらくネオロマンスはいいかな」と思うわけです。
もともとこのじれっ隊ライブで「ネオロマンスのイベントは2か推し(1,2青龍)が来るまでいいや」と思っていたのですが。



その後,止めを刺してきたのが

3万円の限定版2タイトル
3月にかけてイベントが3つ
そのうち12月開催の3万円のイベントの11月告知


・・・え?アホなの???
そう声に出ました。


3万円の箱とは,簡単に言うと
限定版限定版
です。意味が分からない。

以前あったプレミアムボックスとトレジャーボックスという2種類の限定版仕様から,価格の低いプレミアムボックスが消えて数年。

20年を迎えたアンジェリークのリメイク,「アンジェリークルトゥール」の発売に合わせ,
攻略対象1人あたり30分オーバーのシチュエーションCD「など」がついた新しい限定版が。

これが「3万円の箱」のスタートです。

「20周年記念のリメイクだからこういう記念限定版があってもいいよな」
そう思っていた過去の私よ,
残念ながらコーエーはこの箱をその後出すすべてのネオロマンスゲームに用意してくるぞ。 

「昔のプレミアムボックスが今のトレジャーボックスになり,昔のトレジャーボックスにあたるものが3万円の箱」という実質値上がりに感じられなかった時点で貴族商法の振り落としに振り落とされた訳ですよ。


義務買いをしていた過去の私が見たらなんと言うんでしょうね!
遙か5まではトレジャーボックスを買っていたので,たぶんあのままだったら幻燈もアルティメットも3万円出してましたね。そういう意味では義務買いを辞めさせてくれた遙か5には感謝しかないです。




イベントについても色々と言いたいことがありまして。

私にとってのチケット代はグッズのための入場料でした。
この時点で今思えば「何故高い金を出して買いに行っていたのか」です。

正直イベント内容は二の次,グッズを買うためにチケットを買って片道2時間超の電車の旅。
ここ2年くらいはフォロワーさんに会う目的になりかけてましたね。
ちゃんとイベントに行く目的でネオロマンスのイベントに行ったのは初めて行った十年祭(’10)と初春(’11),十五年の宴(’15)あとじれっ隊(’16)くらいでしょうか。
挙げてないイベントにも(遙か以外のオンリーを除いて)行ってはいます,グッズのために。

理由は簡単で,基本的に推しがいないんです。
私の推しは遙か2です,天の青龍です。
ゲームの説明書で一番最初に来るキャラです。
攻略対象です。当然メインキャラですね。

なのに,いないんです。

イベントやります!でもこの日はもう○○さんは別のイベントがあるから来れないね!
の繰り返しですよ。
イベントの回数だけは多くて,キャストさんがそろってない。
なんの為のイベントですか。

ということを5年以上繰り返したらもう疲れますよねっていう。
それでもグッズは出るんです(遙か1の)。
グッズを買ったらキャストさんの揃ったイベント見れるかな!なんて思っていた過去の自分を殴り飛ばしたい。
回数が増えてSSSとかいう高額席が出るよ。
後で別ジャンルでパシフィコ行ったときに絶望して。

あとグッズに関しては推し作品の缶バッジだけ製造上の理由でなかったことにされたことを根に持ちますよ私は。


イベントそのものの中身についても思うことは山ほどあります。
二人称が大本であるゲームからぶれるってどういうことなんですかねえ。。。

メッセージで茶々入れるオタクは何なんだ。
ここはお前の部屋じゃないんだぞ?
おうえん上映がしたいなら部屋で円盤見るかキンプリ見るかして。

そもそも「愛の」メッセージなわけで。
メッセージ中に「気持ち悪い……」なんて間違っても言っていいことじゃないだろ
そのキャラが推しのオタクだっているんだぞ(私です)。


ネオロマンサーはマナーがいいからXXなんかよりずっといいジャンル!
なんてまやかしですから早く目を覚ましてください。
そしてこう息をするように他ジャンルと比べるのはなぜですか。





私はネオロマンスを休養することにしました。
公式にはもうついていけません。これで新規が増えると思っているならそれでいいです。

これまでもこれからも遙か2という作品は好きですし,源頼忠殿は宗教です。
このまま作品ごと嫌いになってしまうのだけは避けたかった。それだけです。

もしこの公式の過供給が落ち着いたら,その時はその時で考えます。



……本当はこれでオタクも辞めたかったんですけど,不慮の事故で別の巨大な沼ジャンルに片足突っ込んだのでしばらくは無理そうです。
PR
back
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
プロフィール
HN:
雷卯/桜柳ちわ
性別:
非公開
職業:
社畜
自己紹介:
月一更新が目標。
ACTORSにどっぷり。

メイン:
文豪とアルケミスト
Fate/Grand Order

ラブライブ!と遙かも少々。
P R
Copyright (C) 2017 ー金糸雀堂ー All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]